ダンブルドア先生とスネイプ先生が向かい合い、ダンブルドア先生がスネイプ先生に計画を話し、いざというときは殺してくれと頼みます。スネイプは、残酷だと嘆きます。

ダンブルドアはスネイプに「こんなに月日が過ぎ去ろうとも?」と尋ねます。

リリーが亡くなってからですら、ハリーももう6年生となっているので、かなりの年月が経っています。

リリーはジェームズと結婚。

ダンブルドア先生は、「まだリリーが心から離れないのか」と尋ねます。

もうこんな計画に付き合うのは、ハリーを守ってやるのは、嫌でないのか。

もうリリーへの愛だって消えて、十分すぎるほど償いだってしているのではないのか。

そんなダンブルドアのスネイプへの愛も感じます。
対して、スネイプは「永遠に」と呟く。

守護霊はその人を表すもの、ジェームズと同じ牡鹿、ダンブルドア先生は不死鳥。

それはずっと変わりません。
スネイプの凄まじいまでの愛の強さに涙腺崩壊。

この場面を見て、涙が止まりませんでした。

なんと強烈で、まっすぐで、不器用で、どうしようもないほどの純粋な愛なんだろうと。

「永遠に」だけで、伝わってくる量がものすごくて、これがスネイプ先生の全てを形作っているようにも感じました。

全てはリリーへの抑えきれない愛。

彼女のために危険を冒してヴォルデモートとの二重スパイをし、ダンブルドア先生を殺す役まで引き受けるのです。

スネイプ先生は全てを彼女のために費やしたのです。

こんなに複雑で、全てに愛をささげたスネイプ役リックマンがまた素晴らしい!
原作小説の作者、J.K.ローリングさんも絶賛するほどのようです。

特に「永遠に」と言うシーンの時の表情は最高でした。

彼以上にセブルス・スネイプを演じることができる人はいないと思います。

ここまで、「セブルス・スネイプ」の魅力についてばかり書いてしまいましたが、他のキャラクターたちもすごく魅力的です。

そして、ストーリーもものすごく緻密で、精巧にできており、7作、映画では8本分になるにも関わらず、全てが密接に絡み合っているのです。

この映画は本当にすごい。そして、面白い。

そして、今度「ハリーポッター」を見るときには、ぜひ「セブルス・スネイプ」に注目して、彼の魅力を味わってほしいです。